六次産業化・地産地消法に基づく認定の累計数が公表されました。

農山漁村の6次産業化を推進する

農林水産省では、雇用と所得を確保し、若者や子供も集落に定住できる社会を構築するため、農林漁業生産と加工・販売の一体化や、地域資源を活用した新たな産業の創出を促進するなど、農山漁村の6次産業化を推進しています。

平成22年12月3日に、六次産業化・地産地消法が公布されました。
この法律は、
(1)農林漁業者による加工・販売への進出等の「6次産業化」に関する施策
(2)地域の農林水産物の利用を促進する「地産地消等」に関する施策

を総合的に推進することにより、農林漁業の振興等を図ることを目指しています。

このたび六次産業化・地産地消法に基づく認定の累計数が公表されました。

詳細は下記資料をご確認ください。

http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sanki/6jika/nintei/pdf/261205_ruikei.pdf

関連記事

  1. 日本公認会計士協会が「「税効果会計に関するQ&A」の改正につ…

  2. 簡易課税制度のみなし仕入率の見直し

  3. H26年度税制改正-雇用関連政策税制(所得拡大促進税制、雇用促進税制)…

  4. 全国銀行協会 24時間送金システム稼働へ

  5. IASBが「開示イニシアティブ(IAS第1号の改訂)」を公表

  6. 予算案が閣議決定

カテゴリー