平成24年度地域需要創造型等起業・創業促進事業 第三回募集開始

中小企業庁より、「第3回創業補助金公募のご案内」が発表されました。

この補助金は、新たに起業・創業や第二創業を行う女性や若者に対して、 その創業等に要する経費の一部を補助する事業で新たな需要や雇用の創出を図り、我が国経済を活性化させることを目的とされています。

内容は下記のとおりです。

1.補助対象者及び補助内容
【1】補助対象者
起業・創業や第二創業を行う個人、中小企業・小規模事業者の皆様向けに国が認定する専門家などの助言機関(認定支援機関たる金融機関等)と一緒に取り組んでいただきます。

  1. 地域の需要や雇用を支える事業を興す起業・創業[地域需要創造型起業・創業]を行う者
  2. 既に事業を営んでいる中小企業・小規模事業者において後継者が先代から事業を引き継いだ場合などに業態転換や新事業・新分野に進出する[第二創業]を行う者
  3. 海外市場の獲得を念頭とした事業を興す起業・創業[海外需要獲得型起業・創業]を行う者

【2】補助内容

弁護士、弁理士などの専門家との顧問契約のための費用や広告費等、創業及び販路開拓に必要な経費に対して以下の補助率、補助上限額に基づき補助を行います。
なお、補助額が100万円に満たない場合は、補助の対象外とします。

  1. 地域需要創造型起業・創業
    補助率 3分の2
    補助上限額 200万円
  2. 第二創業
    補助率 3分の2
    補助上限額500万円
  3. 海外需要獲得型起業・創業
    補助率 3分の2
    補助上限額 700万円

2.公募期間

平成25年9月19日(木曜)~平成25年12月24日(火曜)【当日必着】

※なお、10月21日(月曜)までに受付した案件については、先行して審査を実施します。
10月22日(火曜)以降の受付分につきましては、応募状況に応じて審査を行います。

3.募集要項、応募申請書様式等

募集要領、応募申請書様式等は「4.受付先・問い合わせ先」内の
事業開始・法人設立を予定する地域の事務局ホームページからダウンロードしてください。

なお、第3回創業補助金申請様式は第2回申請様式とは異なっていますので、申請にあたっては、第3回の新しい様式をご使用ください。

詳細はこちら

関連記事

  1. 2014年度東証上場企業

  2. 金融機関の貸し付けで第三者保証を禁止する民法改正案を3党共同で参院に提…

  3. 公庫資金の金利改定

  4. 全国銀行協会 24時間送金システム稼働へ

  5. 基本要領チェックリスト

  6. 金融庁が「金融取引に係る租税回避への防止策に関する調査研究」及び「投資…

カテゴリー