日本公認会計士協会がディスカッションペーパーを公表しました。

ディスカッション・ペーパー「のれんはなお償却しなくてよいか―のれんの会計処理及び開示」に対する意見について

平成26年7月22日に企業会計基準委員会(ASBJ)、欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)及びイタリアの会計基準設定主体(OIC)からディスカッション・ペーパー「のれんはなお償却しなくてよいか―のれんの会計処理及び開示」が公表され、広く意見が求められました。

日本公認会計士協会(会計制度委員会)では、このディスカッション・ペーパーに対する意見を取りまとめ、平成26年9月30日付けで企業会計基準委員会に提出いたしましたのでお知らせします。

以下のファイルが閲覧・ダウンロードできます

日本公認会計士協会が公表した著作物の転載を希望される方は、転載許可申請書を作成のうえ、協会出版局へご提出ください。
※ 必ず押印のうえ郵送してください。

関連記事

  1. 日本IBMへの1200億円課税処分が取り消し判決

  2. 取引相場のない株式等の評価(純資産価額方式における法人税等相当額)の改…

  3. 財務省、大企業にも交際費の損金算入を検討

  4. 連結納 税制度を適用する場合の税効果会計に関する当面の取扱い

  5. 国税庁、未分割遺産から生ずる不動産所得に係る取扱いを公表

  6. 銀行は最重要ビジネスパートナー。上手に付き合って万全の財務体制を築くた…