相続税、H27年1月1日より改正が施行

相続税は平成27円1月1日より改正が施工されます

来年(平成27年)から変わる税制の中で、個人にとって影響の大きなものの一つが相続税
平成27年(2015年)1月以降、相続税の基礎控除が6割に縮小され、課税対象となる人が増える見込みです。また、最高税率が55%へ引き上げられます。

主な影響は以下の通りです。

  1. 相続税の基礎控除が縮小されます。
    現行:5000万円+1000万円×法定相続人の数
    改正後:3000万円+600万円×法定相続人の数
  2. 相続税の税率が上昇
    相続税の税率が引上げられます。遺産額から基礎控除を引き、法定相続分で分けた後に、税率を乗じますので遺産額がかなり大きい人が対象です。
  3. 未成年者控除・障害者控除の拡大
    未成年者控除・障害者控除が拡大されます。相続税の増税に対する緩和措置です。
  4. 小規模宅地の特例の改正
    上記のほか、小規模宅地等の特例も改正になります。

改正の経緯は、財務省のWebサイトをご確認ください。

関連記事

  1. 日本公認会計士協会が「「税効果会計に関するQ&A」の改正につ…

  2. 診療情報提供書に係る診療情報提供料の自己負担額の医療費控除の取扱いにつ…

  3. H26年度税制改正-雇用関連政策税制(所得拡大促進税制、雇用促進税制)…

  4. 簡易課税制度のみなし仕入率の見直し

  5. 日本公認会計士協会がディスカッションペーパーを公表しました。

  6. 消費税増税と総額表示

カテゴリー