金融庁より、中小企業金融円滑化法に基づく貸付条件の変更等の状況について、速報が発表されました。

中小企業者等に対する金融の円滑化法の対象となる金融機関は、法施行日(平成21年12月4日)から平成25年3月31日までの間に行った貸付条件の変更等の状況を(平成25年5月15日までに)金融庁に報告し、同ホームページでその結果が公表されました。
同法律の終了後も、金融機関の対応の変化は特にないようです。

中小企業金融円滑化法に基づく貸付条件の変更等の状況について

金融機関(651社)における円滑化法の施行状況

関連記事

  1. 平成24年度地域需要創造型等起業・創業促進事業 第三回募集開始

  2. 租税特別措置等に係る政策評価について

  3. 全国銀行協会 24時間送金システム稼働へ

  4. 2014年度東証上場企業

  5. 公庫資金の金利改定

  6. 中小企業・小規模事業者の資金繰り支援に新制度

カテゴリー