韓国最大手の「国民銀行」支店に、金融庁より業務停止命令が出されました。

金融庁は2014年8月28日、韓国最大手の国民銀行(本店・ソウル市)の東京、大阪両支店に対し、一部例外を除く新規取引業務を停止する命令を出しました。業務停止期間は9月4日から4カ月間。
東京支店(東京都千代田区)が不適切な融資を繰り返していたほか、反社会的勢力との取引防止対策が不十分だったことも判明、厳しい処分に踏み切った模様です。

 同庁は韓国の金融監督院と協力し、2度にわたる立ち入り検査などを実施。その結果、複数の歴代東京支店長や役職員が、担保査定の資料を偽造して査定価格を水増し、不適切な融資を行っていたほか、その融資先からリベートとみられる金銭を受け取っていたことなどが分かったとのことです。

 また、反社会勢力との取引防止の取り組みについても、金融機関に義務づけられている反社会勢力をリストアップしたデータベース構築や、取引に際してのチェックが不十分で、同庁は両支店に対し、経営管理体制などを見直し、9月29日までに業務改善計画を提出し、中立的な第三者による改善計画の検証を行うよう求めました。

 同行の東京支店をめぐっては、韓国でも裏金作りが行われていたと報じられ、不正融資の総額は数千億ウォン(数百億円)に達する可能性が指摘されていました。

関連記事

  1. IASBが、SME向けIFRSの限定的修正を提案

  2. 連結納 税制度を適用する場合の税効果会計に関する当面の取扱い

  3. 平成24年度地域需要創造型等起業・創業促進事業 第三回募集開始

  4. IASBワーク・プランの更新

  5. 次世代EDINETタクソノミの公表について

  6. IASB公開草案「負債の分類(IAS 第1号の修正案)」に対して公認会…

カテゴリー