IASBがワークプランを更新

IASBは、2014年9月26日、ワークプランを更新しました。

主な変更は、以下のプロジェクトになります。

  • ダイナミック・リスク・マネジメントに係る会計処理(マクロヘッジに対するポートフォリオ再評価アプローチ)-2014年第4四半期に公開協議を実施予定
  • 料金規制活動-2014年第4四半期から2015年第1四半期に公開協議を実施予定
  • 開示に関する取組み(開示の原則)-2015年第1四半期から2015年第2四半期にディスカッション・ペーパーを公表予定
  • 開示に関する取組み(IAS第1号の修正)-2014年第4四半期に再審議および最終基準を公表予定
  • 公正価値測定(会計単位)-2014年第4四半期に公開協議を実施予定
  • 未実現損失に係る繰延税金資産の認識-2015年第1四半期に再審議を実施予定

詳細はIASBウェブサイトをご覧ください。
Work plan—as at 26 September 2014

関連記事

  1. 消費税増税と総額表示

  2. 税制改正大綱-電子データ保存が大幅に認められる見通し

  3. 国税庁発表 法人税の実地調査件数、3割減少

  4. 医療法人の出資持分に係る相続税の納税猶予制度の創設

  5. IASBが年金会計の狭い範囲の修正を提案

  6. 日本IBMへの1200億円課税処分が取り消し判決

カテゴリー