全国銀行協会 24時間送金システム稼働へ

全国銀行協会は、ユーザの振り込みの利便性を高めることを目的とし、金融機関間の送金が24時間行える新しいシステムを4年後の平成30年に稼働させることを、18日に発表しました。

現状では、国内の金融機関間で即時に送金できる時間は、平日の午前8時半から午後3時半の間に限定されています。

このシステムに参画するかどうかは個別の金融機関の判断にゆだねられており、国民全体に恩恵がわたるには時間がかかりそうです。

関連記事

  1. 診療情報提供書に係る診療情報提供料の自己負担額の医療費控除の取扱いにつ…

  2. 金融安定理事会によるG20首脳会合への報告書等の公表について

  3. 金融庁より、中小企業金融円滑化法に基づく貸付条件の変更等の状況について…

  4. 金融庁が「金融取引に係る租税回避への防止策に関する調査研究」及び「投資…

  5. 平成24年度地域需要創造型等起業・創業促進事業 第三回募集開始

  6. 厚労省 「強化型」介護療養病床の新設を提案