全国銀行協会 24時間送金システム稼働へ

全国銀行協会は、ユーザの振り込みの利便性を高めることを目的とし、金融機関間の送金が24時間行える新しいシステムを4年後の平成30年に稼働させることを、18日に発表しました。

現状では、国内の金融機関間で即時に送金できる時間は、平日の午前8時半から午後3時半の間に限定されています。

このシステムに参画するかどうかは個別の金融機関の判断にゆだねられており、国民全体に恩恵がわたるには時間がかかりそうです。

関連記事

  1. 国税庁、措置法(相続税関連)通達を公表

  2. 金利情報が更新されました。

  3. 税制大綱が発表される

  4. 金融庁より、中小企業金融円滑化法に基づく貸付条件の変更等の状況について…

  5. TDBより、長寿企業の調査報告が発表されました。

  6. 金融機関の貸し付けで第三者保証を禁止する民法改正案を3党共同で参院に提…