全国銀行協会 24時間送金システム稼働へ

全国銀行協会は、ユーザの振り込みの利便性を高めることを目的とし、金融機関間の送金が24時間行える新しいシステムを4年後の平成30年に稼働させることを、18日に発表しました。

現状では、国内の金融機関間で即時に送金できる時間は、平日の午前8時半から午後3時半の間に限定されています。

このシステムに参画するかどうかは個別の金融機関の判断にゆだねられており、国民全体に恩恵がわたるには時間がかかりそうです。

関連記事

  1. 中小企業・小規模事業者の資金繰り支援に新制度

  2. 診療情報提供書に係る診療情報提供料の自己負担額の医療費控除の取扱いにつ…

  3. 税制改正大綱-電子データ保存が大幅に認められる見通し

  4. 日本取引所グループが記者会見で新指数の骨子の内容を説明

  5. 基本要領チェックリスト

  6. H26年度税制改正-雇用関連政策税制(所得拡大促進税制、雇用促進税制)…