全国銀行協会 24時間送金システム稼働へ

全国銀行協会は、ユーザの振り込みの利便性を高めることを目的とし、金融機関間の送金が24時間行える新しいシステムを4年後の平成30年に稼働させることを、18日に発表しました。

現状では、国内の金融機関間で即時に送金できる時間は、平日の午前8時半から午後3時半の間に限定されています。

このシステムに参画するかどうかは個別の金融機関の判断にゆだねられており、国民全体に恩恵がわたるには時間がかかりそうです。

関連記事

  1. 租税特別措置等に係る政策評価について

  2. 働き方改革関連法が中小企業に与える影響は?

  3. 中小企業・小規模事業者の資金繰り支援に新制度

  4. 金融庁より、中小企業金融円滑化法に基づく貸付条件の変更等の状況について…

  5. 2014年度東証上場企業

  6. 予算案が閣議決定