国税庁より平成25年分の路線価が公表されました

平成25年分の路線価が、本年7月1日に国税庁ホームページで公表されました。

路線価は、相続税・贈与税の算出基礎となる土地の価格ですが、土地の価格には実際に売買された取引価格(実勢価格)のほかに、「地価公示価格」、「基準地標準価格」、「路線価」、「固定資産税評価額」の四種類の公的価格があり、路線価は地価公示価格や基準地標準価格の80%の基準で評価されます(固定資産税評価額は同70%の基準で評価されます)。

平成25年分の路線価は、平成25年1月1日~平成25年12月31日の間に発生した相続および贈与を行う場合に適用されます。さらに、会社で土地を所有する場合には、自社株の評価にも影響する場合がありますので、路線価の動向にご注目ください。

関連記事

  1. IASBがワークプランを更新

  2. 財務省、大企業にも交際費の損金算入を検討

  3. 開示・監査制度の在り方に関する提言

  4. 消費税増税が閣議決定

  5. 日本IBMへの1200億円課税処分が取り消し判決

  6. 消費税増税と総額表示