日本取引所グループが記者会見で新指数の骨子の内容を説明

日本取引所グループの取締役兼代表執行役グループCEO斉藤氏が、7月30日に行った記者会見の要旨が公開されました。
この会見で、斉藤社長は「共同開発中の新指数に係る骨子について」の説明を行い、銘柄の選定がROE等のファンダメンタルズに基づいて行われることを最大の特徴としている点、また、ディスクロージャーに関する事項など定性的な要素も何らかの形で加味される点について述べ、一例としてIFRSを挙げました。
また、日本取引所グループとして、任意適用範囲が拡大された場合に速やかにIFRS対応できるよう、2015年3月期の期末本決算でのIFRS導入を目指して準備を進めていることも表明しました。

詳細は日本取引所グループのwebサイトにて公開されています。

関連記事

  1. IASBが、SME向けIFRSの限定的修正を提案

  2. 財務省、大企業にも交際費の損金算入を検討

  3. IASB公開草案「負債の分類(IAS 第1号の修正案)」に対して公認会…

  4. 相続税、H27年1月1日より改正が施行

  5. 簡易課税制度のみなし仕入率の見直し

  6. 韓国最大手の「国民銀行」支店に、金融庁より業務停止命令が出されました。…