相続税、H27年1月1日より改正が施行

相続税は平成27円1月1日より改正が施工されます

来年(平成27年)から変わる税制の中で、個人にとって影響の大きなものの一つが相続税
平成27年(2015年)1月以降、相続税の基礎控除が6割に縮小され、課税対象となる人が増える見込みです。また、最高税率が55%へ引き上げられます。

主な影響は以下の通りです。

  1. 相続税の基礎控除が縮小されます。
    現行:5000万円+1000万円×法定相続人の数
    改正後:3000万円+600万円×法定相続人の数
  2. 相続税の税率が上昇
    相続税の税率が引上げられます。遺産額から基礎控除を引き、法定相続分で分けた後に、税率を乗じますので遺産額がかなり大きい人が対象です。
  3. 未成年者控除・障害者控除の拡大
    未成年者控除・障害者控除が拡大されます。相続税の増税に対する緩和措置です。
  4. 小規模宅地の特例の改正
    上記のほか、小規模宅地等の特例も改正になります。

改正の経緯は、財務省のWebサイトをご確認ください。

関連記事

  1. 厚労省 「強化型」介護療養病床の新設を提案

  2. 8月の倒産情報

  3. 日本公認会計士協会がディスカッションペーパーを公表しました。

  4. 予算案が閣議決定

  5. 国税庁、措置法(相続税関連)通達を公表

  6. 東京都が外国企業誘致で税制追加優遇を提案