税制改正大綱-電子データ保存が大幅に認められる見通し

ついに電子データ保存が拡大

12月30日決まった与党税制改正大綱には、企業が経費の算定の根拠とする領収書や契約書を電子データで保存できるようにすることも盛り込まれています。これまでは3万円以上の場合に紙のまま原則7年間保存するように求めていました。

この税制大綱によれば、電子データは7年の保存を義務付けられます。しかし電子データがあれば紙の原本は捨ててもよいため、企業側には大きなメリットとなります。国内企業が税務書類を保管するのにかかるコストは年間約3千億円。税制改正により、保管コストなどを軽減できます。

同時に、電子データ保存に関連する新ビジネスも芽が出るかもしれません。

関連記事

  1. 国税庁、未分割遺産から生ずる不動産所得に係る取扱いを公表

  2. 平成26年度補正予算案閣議決定

  3. 国税庁発表 法人税の実地調査件数、3割減少

  4. 日本の製造業が目指すべきスマートファクトリーとは?

  5. 取引相場のない株式等の評価(純資産価額方式における法人税等相当額)の改…

  6. 会社法の改正に伴う会社法施行規則等の一部を改正する省令の公布