経済産業省より生産性向上設備投資促進税制が公表されました

生産性向上設備投資促進税制とは平成29年3月31日までに取得等をし、かつ、事業の用に供した質の高い設備の投資について、特別償却50%又は最大4%の税額控除が適用出来る税制措置です。

詳細については下記リンクをご覧ください。
http://www.meti.go.jp/policy/jigyou_saisei/kyousouryoku_kyouka/seisanseikojo.html

関連記事

  1. 財務省、大企業にも交際費の損金算入を検討

  2. 医療法人の出資持分に係る相続税の納税猶予制度の創設

  3. 日本IBMへの1200億円課税処分が取り消し判決

  4. 今後の新地方公会計の推進に関する実務研究会の資料が公表されました。

  5. 簡易課税制度のみなし仕入率の見直し

  6. 相続税、H27年1月1日より改正が施行