開示・監査制度の在り方に関する提言

JICPA、開示・監査制度一元化検討プロジェクトチームによる報告「開示・監査制度の在り方に関する提言-会社法と金融商品取引法における開示・監査制度の一元化に向けての考察-」を公表

日本公認会計士協会(JICPA)は、平成27年11月13日に開示・監査制度一元化検討プロジェクトチームによる報告「開示・監査制度の在り方に関する提言-会社法と金融商品取引法における開示・監査制度の一元化に向けての考察-」を公表しました。

この提言に関するJICPAのプレス・リリースはこちらをご覧ください。

関連記事

  1. 自民党・日本経済再生本部の「日本再生ビジョン」に、IFRSの任意適用企…

  2. 国税庁、未分割遺産から生ずる不動産所得に係る取扱いを公表

  3. H26年度税制改正-雇用関連政策税制(所得拡大促進税制、雇用促進税制)…

  4. IASBが「概念フレームワーク」に関するディスカッション・ペーパーを公…

  5. 簡易課税制度のみなし仕入率の見直し

  6. 金融安定理事会によるG20首脳会合への報告書等の公表について