開示・監査制度の在り方に関する提言

JICPA、開示・監査制度一元化検討プロジェクトチームによる報告「開示・監査制度の在り方に関する提言-会社法と金融商品取引法における開示・監査制度の一元化に向けての考察-」を公表

日本公認会計士協会(JICPA)は、平成27年11月13日に開示・監査制度一元化検討プロジェクトチームによる報告「開示・監査制度の在り方に関する提言-会社法と金融商品取引法における開示・監査制度の一元化に向けての考察-」を公表しました。

この提言に関するJICPAのプレス・リリースはこちらをご覧ください。

関連記事

  1. 銀行からコベナンツ条項付きの提案を受けたらどうするべきか。

  2. 医療法人の出資持分に係る相続税の納税猶予制度の創設

  3. IASBが「開示イニシアティブ(IAS第1号の改訂)」を公表

  4. 日本IBMへの1200億円課税処分が取り消し判決

  5. 日本公認会計士協会が「「税効果会計に関するQ&A」の改正につ…

  6. IASBが「概念フレームワーク」に関するディスカッション・ペーパーを公…