開示・監査制度の在り方に関する提言

JICPA、開示・監査制度一元化検討プロジェクトチームによる報告「開示・監査制度の在り方に関する提言-会社法と金融商品取引法における開示・監査制度の一元化に向けての考察-」を公表

日本公認会計士協会(JICPA)は、平成27年11月13日に開示・監査制度一元化検討プロジェクトチームによる報告「開示・監査制度の在り方に関する提言-会社法と金融商品取引法における開示・監査制度の一元化に向けての考察-」を公表しました。

この提言に関するJICPAのプレス・リリースはこちらをご覧ください。

関連記事

  1. 連結納 税制度を適用する場合の税効果会計に関する当面の取扱い

  2. エネルギー環境負荷低減推進税制(グリーン投資減税)の変更点が発表されま…

  3. 財産評価基本通達における大会社の株式保有割合による株式保有特定会社の判…

  4. 銀行は最重要ビジネスパートナー。上手に付き合って万全の財務体制を築くた…

  5. 診療情報提供書に係る診療情報提供料の自己負担額の医療費控除の取扱いにつ…

  6. 地方公営企業法の会計制度