開示・監査制度の在り方に関する提言

JICPA、開示・監査制度一元化検討プロジェクトチームによる報告「開示・監査制度の在り方に関する提言-会社法と金融商品取引法における開示・監査制度の一元化に向けての考察-」を公表

日本公認会計士協会(JICPA)は、平成27年11月13日に開示・監査制度一元化検討プロジェクトチームによる報告「開示・監査制度の在り方に関する提言-会社法と金融商品取引法における開示・監査制度の一元化に向けての考察-」を公表しました。

この提言に関するJICPAのプレス・リリースはこちらをご覧ください。

関連記事

  1. 銀行からコベナンツ条項付きの提案を受けたらどうするべきか。

  2. 「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実務上の取扱い…

  3. 平成25年分の国外財産調書の提出状況

  4. 今後の新地方公会計の推進に関する実務研究会の資料が公表されました。

  5. 簡易課税制度のみなし仕入率の見直し

  6. 医療法人の出資持分に係る相続税の納税猶予制度の創設