開示・監査制度の在り方に関する提言

JICPA、開示・監査制度一元化検討プロジェクトチームによる報告「開示・監査制度の在り方に関する提言-会社法と金融商品取引法における開示・監査制度の一元化に向けての考察-」を公表

日本公認会計士協会(JICPA)は、平成27年11月13日に開示・監査制度一元化検討プロジェクトチームによる報告「開示・監査制度の在り方に関する提言-会社法と金融商品取引法における開示・監査制度の一元化に向けての考察-」を公表しました。

この提言に関するJICPAのプレス・リリースはこちらをご覧ください。

関連記事

  1. 「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実務上の取扱い…

  2. IASBが年金会計の狭い範囲の修正を提案

  3. 国税庁、未分割遺産から生ずる不動産所得に係る取扱いを公表

  4. 日本公認会計士協会がディスカッションペーパーを公表しました。

  5. IASBが、SME向けIFRSの限定的修正を提案

  6. 日本IBMへの1200億円課税処分が取り消し判決