開示・監査制度の在り方に関する提言

JICPA、開示・監査制度一元化検討プロジェクトチームによる報告「開示・監査制度の在り方に関する提言-会社法と金融商品取引法における開示・監査制度の一元化に向けての考察-」を公表

日本公認会計士協会(JICPA)は、平成27年11月13日に開示・監査制度一元化検討プロジェクトチームによる報告「開示・監査制度の在り方に関する提言-会社法と金融商品取引法における開示・監査制度の一元化に向けての考察-」を公表しました。

この提言に関するJICPAのプレス・リリースはこちらをご覧ください。

関連記事

  1. 消費税増税が閣議決定

  2. 消費税増税と総額表示

  3. 財務省、大企業にも交際費の損金算入を検討

  4. 税制大綱が発表される

  5. 平成25年分の国外財産調書の提出状況

  6. IASBが「開示イニシアティブ(IAS第1号の改訂)」を公表