[GEN]所要量計算

製造業はもちろん、外製が中心のファブレス企業においても、生産に関しては所要量計算をしていることともいます。

英語でいうとMaterial Resource Planning 、略してMRP。

当社で取り扱っているクラウド型ERPのGEN™でももちろんその機能があります。

この機能をうまく使えば、適切な在庫管理、受発注管理、生産管理につながっていきます。在庫圧縮が進んでいけば決算もよくなりますね。

ただし利用に際しては一つ制限が。それは向こう100日までの納期にまでしか対応できないという点です。

逆に言うと100日を超えるリードタイムというと、そもそもそのリードタイム自体を検証した方が良いかもしれませんね。

当社ではクラウドERPの導入を支援しております。

興味のある方は是非お問い合わせください。

関連記事

  1. 働き方改革関連法が中小企業に与える影響は?

  2. 税制大綱が発表される

  3. 日本公認会計士協会が「「税効果会計に関するQ&A」の改正につ…

  4. 連結納 税制度を適用する場合の税効果会計に関する当面の取扱い

  5. 六次産業化・地産地消法に基づく認定の累計数が公表されました。

  6. 公庫資金の金利改定