[GEN]所要量計算

製造業はもちろん、外製が中心のファブレス企業においても、生産に関しては所要量計算をしていることともいます。

英語でいうとMaterial Resource Planning 、略してMRP。

当社で取り扱っているクラウド型ERPのGEN™でももちろんその機能があります。

この機能をうまく使えば、適切な在庫管理、受発注管理、生産管理につながっていきます。在庫圧縮が進んでいけば決算もよくなりますね。

ただし利用に際しては一つ制限が。それは向こう100日までの納期にまでしか対応できないという点です。

逆に言うと100日を超えるリードタイムというと、そもそもそのリードタイム自体を検証した方が良いかもしれませんね。

当社ではクラウドERPの導入を支援しております。

興味のある方は是非お問い合わせください。

関連記事

  1. 金利情報が更新されました。

  2. 8月の倒産情報

  3. 働き方改革関連法が中小企業に与える影響は?

  4. H26年度税制改正-雇用関連政策税制(所得拡大促進税制、雇用促進税制)…

  5. 診療情報提供書に係る診療情報提供料の自己負担額の医療費控除の取扱いにつ…

  6. 金融安定理事会によるG20首脳会合への報告書等の公表について