IASBがワークプランを更新

IASBは、2014年9月26日、ワークプランを更新しました。

主な変更は、以下のプロジェクトになります。

  • ダイナミック・リスク・マネジメントに係る会計処理(マクロヘッジに対するポートフォリオ再評価アプローチ)-2014年第4四半期に公開協議を実施予定
  • 料金規制活動-2014年第4四半期から2015年第1四半期に公開協議を実施予定
  • 開示に関する取組み(開示の原則)-2015年第1四半期から2015年第2四半期にディスカッション・ペーパーを公表予定
  • 開示に関する取組み(IAS第1号の修正)-2014年第4四半期に再審議および最終基準を公表予定
  • 公正価値測定(会計単位)-2014年第4四半期に公開協議を実施予定
  • 未実現損失に係る繰延税金資産の認識-2015年第1四半期に再審議を実施予定

詳細はIASBウェブサイトをご覧ください。
Work plan—as at 26 September 2014

関連記事

  1. IASBが「概念フレームワーク」に関するディスカッション・ペーパーを公…

  2. 直系尊属から贈与を受けた場合の贈与税の税率の特例が創設(平成27年1月…

  3. 金融安定理事会によるG20首脳会合への報告書等の公表について

  4. 財務省、大企業にも交際費の損金算入を検討

  5. 経済産業省より生産性向上設備投資促進税制が公表されました

  6. 東京都が外国企業誘致で税制追加優遇を提案