IASBがワークプランを更新

IASBは、2014年9月26日、ワークプランを更新しました。

主な変更は、以下のプロジェクトになります。

  • ダイナミック・リスク・マネジメントに係る会計処理(マクロヘッジに対するポートフォリオ再評価アプローチ)-2014年第4四半期に公開協議を実施予定
  • 料金規制活動-2014年第4四半期から2015年第1四半期に公開協議を実施予定
  • 開示に関する取組み(開示の原則)-2015年第1四半期から2015年第2四半期にディスカッション・ペーパーを公表予定
  • 開示に関する取組み(IAS第1号の修正)-2014年第4四半期に再審議および最終基準を公表予定
  • 公正価値測定(会計単位)-2014年第4四半期に公開協議を実施予定
  • 未実現損失に係る繰延税金資産の認識-2015年第1四半期に再審議を実施予定

詳細はIASBウェブサイトをご覧ください。
Work plan—as at 26 September 2014

関連記事

  1. 簡易課税制度のみなし仕入率の見直し

  2. 今後の新地方公会計の推進に関する実務研究会の資料が公表されました。

  3. 銀行からコベナンツ条項付きの提案を受けたらどうするべきか。

  4. 直系尊属から贈与を受けた場合の贈与税の税率の特例が創設(平成27年1月…

  5. 財産評価基本通達における大会社の株式保有割合による株式保有特定会社の判…

  6. 日本IBMへの1200億円課税処分が取り消し判決