当社の存在意義

世の中に蔓延る不健全な慣習、不平等、不公平を是正し、誰もが輝ける社会の実現すること。

行動指針

  1. 「自分のやること」ではなく「仕事の成果」にフォーカスします。
    形式だけの通勤や会議は完全に排除し、成果につながる時間を生み出す。
  2. 仕事は目的ではなく、成長のための手段であるととらえます。
    成長を感じることのできない仕事は引き受けない。
  3. クライアント、協力会社、銀行など、すべての関係者に感謝します。
    会社が存在できているのは周りの皆様の協力があってこそ。
    そうした「協力者」に対して、ストレスを与えることがないよう配慮する。

経営目標

安定的な収益を確保できる体質を構築し、永続する企業を目指します。
新しいサービス開発を常に模索し、市場に対して問いかけていきます。