金融庁より、中小企業金融円滑化法に基づく貸付条件の変更等の状況について、速報が発表されました。

中小企業者等に対する金融の円滑化法の対象となる金融機関は、法施行日(平成21年12月4日)から平成25年3月31日までの間に行った貸付条件の変更等の状況を(平成25年5月15日までに)金融庁に報告し、同ホームページでその結果が公表されました。
同法律の終了後も、金融機関の対応の変化は特にないようです。

中小企業金融円滑化法に基づく貸付条件の変更等の状況について

金融機関(651社)における円滑化法の施行状況

関連記事

  1. 公庫資金の金利改定

  2. 基本要領チェックリスト

  3. 日本取引所グループが記者会見で新指数の骨子の内容を説明

  4. 8月の倒産情報

  5. 韓国最大手の「国民銀行」支店に、金融庁より業務停止命令が出されました。…

  6. 2014年度東証上場企業